美容について考える、知る。きっとあなたの道は広がるはず。

時代とともに進化し続ける豊胸手術

美容整形によるバストアップ法といえば、昔ながらのシリコンバック挿入が最も有名ですね。技術の進歩により手術の安全性も向上しており、失敗する事はほとんどなくなっています。安全に豊かな胸を手にいれることが可能となりましたが、触った感触や時間経過による形の変化など、仕上がりの自然さに関してはまだまだ改善の余地が残っています。

大きさよりも自然な美しさを追求したい方には、脂肪注入法による豊胸手術をお勧めします。注入する脂肪はご自身のものを使用しますので、拒絶反応も起こらず、脂肪の定着率も非常によいです。手術の安全性も高く、仕上がりも自然なので、近年では一番人気のバストアップ法となっています。

吸引した脂肪を注入する豊胸手術で一石二鳥

美容整形でダイエットするなら脂肪吸引手術が一般的です。ダイエットで手術までしたくない、思われる方がほとんどでしょうが、吸引した脂肪を利用してバストアップできると聞けば、話は変わってくるのではないでしょうか?

最近の美容整形業界で一番人気のバストアップ法が、脂肪注入法による豊胸手術なのです。ご自身の脂肪を利用しますので、脂肪の定着率も高く、自然な形と触り心地を実現することが可能です。

注入する脂肪はお腹や太ももなど、ご自身が希望される部位から吸引します。一回の施術でダイエットとバストアップが両方行えるので、まさに一石二鳥です。最新の医療器具を用いるので、手術の安全性も問題ありません。

豊胸手術で脂肪注入がいいといわれる理由

豊胸手術の中でも、一番人気があり、医師からもすすめられることが多い脂肪注入ですが、一体どこがそんなに進められる理由なのでしょうか?一番大きいところですと、「傷跡が体に残りにくい」というところです。

シリコンを入れる際には、シリコンが入る程度の大きさまで切開しなければならないため、それなりに傷跡が残ってしまうのですが、脂肪注入の場合には、脂肪を入れるためのほんの数cmの穴があればいいので、傷跡が少なくて済みます。また傷あとがもともと小さいため、すぐに目立たなくなる人がほとんどのようです。腫れもでにくいです。

脂肪注入の豊胸手術を受ける人が気をつけること

実は脂肪注入の豊胸手術を受けた人の中で、思ったような結果を得ることができなかったような人も、何人もの人で受けている施術ですので、あります。そういった人たちに共通しているのが「タバコを吸っている」ということです。

手術の前の日にタバコやお酒は控えるように指示されますが、それを守っていても普段からタバコを摂取している人は、毛細血管の開きが悪くなり、脂肪が吸収されにくくなっています。つまり折角胸に入れた脂肪が、細胞に定着せず流れてしまうということになります。万が一普段からタバコを吸う習慣がある人はせめて術前・術後3か月くらいは禁煙してみてください。

脂肪注入法の豊胸手術を実際に受けた方の感想

安全性に定評があり施術を受ける方の多い、脂肪注入法の豊胸手術ですが、実際に受けた方の感想はどのようなものでしょうか。まず施術を受けた方のほぼ全員の感想として、手術結果にはとても満足しているようです。

同じくほぼ全員が、施術後1ヶ月のダウンタイムがとても辛かった、という意見をあげています。ダウンタイムの身体の痛みには個人差があり、特に体脂肪の少ない痩せ型の方は、身体の痛みが激しいようです。他の感想としては、術後にできたアザは綺麗に消えてしまった、自然な触り心地で豊胸手術を受けたことがバレなかった、という声がありました。

美容整形関連

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛)に関する情報には責任は負いかねます。

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛)の詳細は専門の美容外科クリニックにお尋ねください。美容外科クリニックと相談して美容整形を。